ゴスペルスクール Feelin' - Feelin'について


Feelin'について

Feelin'って?

Feelin'のコンセプトは、「考えるより感じること」。Feelin'では、最初は難しく考えずに、まずは感じてみよう!というところに重きを置いています。Feelという単語には、感覚、感情、感受性などといった、人間のこころに通じるさまざまな意味が詰まっています。これなくしてゴスペルは歌えないと言っていいほど、Feelすること(すなわちFeelin')はとても大切なことだと思います。

また、「ゴスペルでみんなが笑顔に!」をモットーに、明るく楽しく、フレンドリーなレッスンを心がけています。 2005年にFeelin'の母体となるゴスペル教室を開講後、年齢性別関係なく、皆さんファーストネームやニックネームで呼び合うのが、Feelin'の昔からの一つのこだわり。 まずはそこで日本人特有の「気恥ずかしい」というよけいな感情を取り払ってこそ、ゴスペルを歌うことへの迷いも吹っ飛び、仲間達と心から純粋に楽しめると思うのです。

もちろん、歌い慣れてきて「考え」始めたときには、次へのステップアップもお手伝いいたします。 ゴスペルを歌うのに楽譜は必要ありませんし、特別な音楽の知識や経験もいりません。ただ歌いたい、感動を味わいたいという前向きな気持ちさえあれば大丈夫。 まだゴスペルの魅力を知らない方々に、一人でも多く、その素晴らしさをお伝えしていければ幸いです。

西播磨にもマスクワイアを!

Feelin'の一番最初の始まりは、2005年の春でした。当時はまだ映画「天使にラブソングを」の影響が残っていたためか、たった数回の呼びかけだったにもかかわらず、相生市民会館の小さな一室に、近隣からたくさんの方々がお集まり下さいました。

しかし年を経るごとにゴスペル熱が冷えていくのを肌で感じ、これではいけないと、あの手この手で方針を変えながら同志を募り、試行錯誤を繰り返してきた中で、ようやくこのたびFeelin'として新たなスタートを迎えることができました。それもこれも、すべては「私達の地元にもマスクワイアを!」という一途な願いと、これまで長い間共に歌ってきて下さった、私の大切な方々の励ましやお力添えがあってのことです。

都市部では、ゴスペルクワイアの活動がとても盛んです。大手ゴスペルスクールが数多く存在し、数百人規模のメンバーを擁するマスクワイアだって決して珍しくはありません。けれどここ西播磨地域に限っては、そういった光景を目にすることはほとんどありません。大勢の仲間達と一緒にゴスペルを歌いたい!私をはじめそう願う人々にとって、それは非常に淋しくもあり、嘆かわしくもある現実です。私と同じように、大人数で歌ってみたいけれども、都市部に遠出してまでは・・・と、二の足を踏んでいらっしゃる方もきっと少なくはないはず。そういった方々と、私自身のフラストレーションを、一気にまとめて解決する方法はないのか?常からそう思い、いつかこの状況を打開しなければという、勝手な使命感に駆られていました。

では、いざ打開するためにはどうするのか。まず私に出来ることは何なのか。数年かけて思いを巡らせた結果、自分がやりたいと思うのならああだこうだ言っていないで、出来ることから始めるしかないじゃないか!という考えに行き当たりました。

ゴスペルを一度も聴いたことや歌ったことのない方々は、きっとまだご存じないことと思います。ゴスペルでしか、マスクワイアでしか味わえないあの躍動感、一体感、開放感・・・。そういった大きな感動の時を、経験者の方はもとより、ゴスペルは初めてという方々にも広く知っていただきたいと思います。

Feelin'のこれから

Feelin'では初めての方も経験者の方も、男性でも女性でも、歌ってみたいという気持ちをお持ちの方でしたらどなた様でも歓迎いたします(但し20歳以上の成人に限らせていただきます)。「英語の歌詞なんて歌えないから・・・ハモれないから・・・」と尻込みされている方がおられたら、「いいからとにかくやってみて!」と、笑顔で一言だけ申し上げたいです。

ご指導にあたらせていただくのは、ゴスペルという分野で長く活動を続けてきたスタッフ陣(臨時講師含む)ですから、初めての方でも心配はご無用です。楽譜も使用しませんし、ごく基本的な発声練習からリズムトレーニング、発音トレーニングにいたるまで、時には笑いが巻き起こるような楽しいレッスン内容を予定しております。レッスン会場にお越し下さる皆様には、毎回お帰りの際には必ず笑顔で会場を後にしていただきたいというのが、Feelin'が昔から最も大切にしてきた方針の要です。

そして毎月のレッスンを重ね、「ゴスペルクワイアFeelin'」としてライブやイベント等に参加させていただき、多くのお客様の前で練習の成果を発表します。そうした活動を続ける中で、気の合うお友達を見つけるもよし、ライバルと歌の腕を磨き合うもよし。誰もが自由に楽しみを追求しながら、目標に向かって真剣な活動ができるよう、Feelin'スタッフが一丸となって、皆様のサポートを致します。



Feelin'(旧YGSクワイア)でのライブ出演後の様子Feelin'(旧YGSクワイア)でのライブ出演後の様子。みんな明るい笑顔で好き好きな格好をしています。次に全員集合できる日もそう遠くないはず!
Danny Easonゴスペルワークショップ20122012年に相生市で開催、Miwaが実行委員長を務めた、Danny Eason(NYのゴスペルディレクター)ゴスペルワークショップ2012終了後の会場の様子。遠くは神戸市からお客様が駆けつけて下さり、Danny氏の熱い指導のもと、ワークショップは大盛況に終わりました。
NYにてMiwaがNYでゴスペルフェストに出演したときの舞台裏の様子(Danny Eason氏率いるゴスペルクワイアのメンバー達)。会場では2万人の観客が惜しみない拍手を贈って下さり、大感動のステージでした。
Eternal主催ゴスペルワークショップゴスペルクワイアEternal(スタッフ陣所属)主催ワークショップ会場の様子。男性の方々にもご参加いただき、会場にはパワフルな歌声が響き渡りました。
Feelin'(旧YGS)主催 100人で歌おう!ゴスペルワークショップ2010年、Feelin'(旧YGS)主催のゴスペルワークショップの様子。ギタリスト、ベーシスト、ピアニスト、ドラマー等バックミュージシャンの方々や、音響スタッフの方々にもボランティアでご協力いただきました。